投資に関する美味しい話を聞いても、自分の生活スタイルに見合っていない場合、どこかで無理が生じてしまいます。正しい判断をする為にも投資と自身を照らし合わせてみましょう。

ファイトを出ている女性
更新履歴
1万のお金

一口に投資と言っても、さまざまな商品があります。
どれを選ぶかの基準の一つとして、変動の大きさがあります。
もちろん、この変動の大きさというのは一般論であって、どんな場合にでも必ず当てはまるわけではありませんが、投資商品の中には、比較的変動の大きいもの、小さいものがあります。

例えば、国債などは比較的変動の小さい商品です。
ある意味で預金に近いものがあります。
銀行預金で変動の大きさを期待する人はいないでしょう。
株式や為替などは変動の大きさは中程度といえるでしょう。

ただし、同じ為替でもFX取引をする場合は、投資額に対する変動は非常に大きくなりますから注意が必要です。
このようなFXのほか、例えば外国の株式などは変動が大きいものの代表例です。
その国の通貨での株式の価値の変動に加えて、その国の通貨の価値自身の変動の影響を受けるからです。
そして、当然ながら変動の大きいものは利益も大きくなる可能性がありますが、その分損失も大きくなる可能性があります。
変動の小さいものは、損失を出すとしても限定的ですが、その分、大きく利益を上げることもあまりありません。

重要なことは、これらの違いを知ったうえで、自分にあった商品を選ぶことです。
自分がリスクを十分に許容できるのであれば、変動の小さい商品にだけ投資するのはスタイルにあっているとは言えません。
逆もまた然りで、あまり大きな利益を出すことは期待していないが、元本を大きく割り込むのは困るという資金を、変動の大きな商品につぎ込むのは大きな疑問符がつくことになります。

さらには、それらの商品をうまく組み合わせることも重要になってきます。
そのためにも、まずは変動の大きな商品と変動の小さい商品を知ることから始めましょう。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索